営業部長 営業課長 営業マネジャー 管理職研修 10 理想の上司

2・理想の上司

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。対象読者の営業課長は部下を数名抱えながら、営業現場であるお客様を訪問しているプレイングマネジャーです。年齢層は30代~50代。

 

問題提起:あなたは理想の上司像を思い描いていますか?

解説:管理職自らが理想の上司像を具体化出来ていればGROWモデル化しやすくなります。
自ら理想に近づくために何をすべきかを考えて行動出来るようになります。

解決策:研修参加者に理想の上司像を聴く。
その上で何を目指すか考えさせる。

事例紹介:
先日実施した管理職研修で「理想の上司とは?」について尋ねました。営業以外の管理職もいたので下記のような答えとなりました。

・売る力

・問題解決力がある

・明るい 、元気

・自ら勉強している

・好奇心がある

・人望がある

・オーラ

・熱い人

・人徳がある

・専門性がある

・最新情報を得る

・課題を形成する能力がある

・人事、マネジメントの知識

・スキルが優れている

・経営と育成ができる

・情熱を持っている

・チャレンジさせてくれる

・実績を積み上げた人

・メンバーとともに汗をかく

・現場を知っている

・人の意見・能力が引き出せる人

・ファシリテーション力がある

・変革志向

・リスクを負える人

・言行一致

・公平・公正

・仕事に厳しく、人に優しい

・コーチング力

・視野が広い

・リーダーシップ

・コミュニケーション力が高い   

・トップマネジメントにものが言える

自分の事を棚に上げての感はありますが、部下は上司に多く期待するものす。

あなたはこれらの高い期待にどれだけ応えていますか?

全てに応えるのは難しいですが、スキルの部分は勉強や仕事の熟練で可能です。当ブログでカバーできるスキルについてはカバーするようにしています。例えば、「売る力や問題解決力、自ら勉強している、最新情報を得る、課題形成力、チャレンジさせる、人の意見、能力を引き出せる、コーチング力、コミュニケーション力」についてです。その他については第六章の自己研鑽でどのテーマについて研鑽するかによってご自身で磨いてほしいと思います。人の上に立つと言う事は誰よりも勉強する事です。

余談となりますが、私は企業の社長の相談に乗る事が多いです。社長の悩みは尽きません。課長の皆さんにとっては「社長はゴール」に見えるかもしれません。しかし、社長も毎日悩み苦しんでいます。仕事を終えるその日まで勉強の日々です。学校の勉強ではなく実践の中での生きた勉強です。せっかくなので楽しんで勉強していきましょう。

 

事例紹介:ある会社の管理職との面談時の話です。彼は30代の新任管理職です。管理職会議などの席でうまく発言出来ずに自信を失っていました。彼の理想とする上司像は元の上司でした。その元上司は切れ味鋭いスペシャリストでした。全国区の知名度です。彼にとっての理想の上司と自分とのギャップを埋めきれず仕事を抱え込んでいました。理想の上司像を描かせるのは良いのですが人によっては抱え込ませる原因ともなってしまいます。さらに自信喪失へとつながる場合もあります。注意が必要です。

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************
営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書