営業部長 営業課長 営業マネジャー 管理職研修 5 GROWモデル

GROWモデル

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。対象読者の営業課長は部下を数名抱えながら、営業現場であるお客様を訪問しているプレイングマネジャーです。年齢層は30代~50代。

問題提起:GROWモデルを活かした研修となっていますか?

解説
通常業務ではGROWモデルを使い部下の目標達成を目指します。
進捗確認の方法は第5章で再度解説します。
GROWとは
G=Goal
R=Reality
O=Option
W=Willの略です。

解決策

当社の管理職研修では、受講者がゴールと現状との違いを自覚し自分で対策を考えられるようにします。
参加された受講者がGROWモデルの効果を実感する事で部下に対しても自然と使えるようになる事を狙っています。

手順

1.G=Goal ゴール設定。ゴールの確認を行う。

2.R=Reality 現状把握。ゴールと現状の差異を確認する。

3.O=Option ゴール達成のための選択肢を考える

4.W=Will 意思、宣言して行動する

の順に確認します。詳細については、第5章で解説します。

コツ:適切な質問を投げかけ行動へと繋げます。

ここで紹介しているGROWモデルは
コーチングスキルの進捗確認方法であると同時に人材育成を実施できる方法です。
コーチング=管理職研修とか質問のスキルと思われがちですが、本来はコーチ(馬車)の意味で目的地まで運ぶ馬車が語源です。
上司が部下を目的地まで運ぶためのコミュニケーションスキルです。

 

知識提供で終わるのではなく、実践して成果を上げる事が研修のゴールです。
ゴールが明確であれば方法手段も具体的となります。

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書