営業課長の仕事と役割 44.自己研鑽

第6章:自己研鑽

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。対象読者の営業課長は部下を数名抱えながら、営業現場であるお客様を訪問しているプレイングマネジャーです。年齢層は30代~40代。

 

自己研鑽するかしないかがこれからの人生100年時代の分かれ道です。
起業してガッツリ稼いで40代でリタイア出来るならそれも良いでしょう。
私の友人の社長に数名います。
しかし、会社員として管理職としての現在の仕事をやっている人とは生きる道が違います。
彼らは波乱万丈こそが人生の楽しみです。
話を元に戻します。
自己研鑽と発信はこれからますます重要な要素となります。
人生100年時代となりました。
60歳代で会社員生活を終える。
その先はそれまでに自分が仕事で経験した事や外部で学んだ事を伝える個人事業主になる。
80歳くらいまでは現役で働けます。
私の師匠の長谷川先生は現在78歳です。私の父は83歳で現役の牧師です。
本を読み、人と会い自分の言葉で語れる人は生涯現役です。
私の地元の知人でまだ63歳くらいなのに会社を辞めたら老け込んでしまった老人も大勢います。
年齢は関係ありません。会社を卒業したら人生の修了ではない時代になったのです。
プレイングマネジャーである営業課長はもっとも忙しい時期かもしれません。
だからこそ、この時期に自己研鑽を始めるとそのまま仕事にも活かせます。
ただの個人の経験ではなく幅を広げる事が出来るようになります。

本を読み、人に会い、旅に出ましょう。

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書