営業課長の仕事と役割 12.目標達成の仕組み

第3章:目標達成営業課の作り方(論理編)

 

 

1・正しい目標達成の仕組とは?

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。対象読者の営業課長は部下を数名抱えながら、営業現場であるお客様を訪問しているプレイングマネジャーです。年齢層は30代~40代。

 

経営資源を投入し目標を達成する仕組みとしてPDCAサイクルを正しくまわす方法についてお伝えします。

PDCAサイクルは聴いたことがある言葉です。しかし、誰も教えてくれませんでした。会社に入って教えられることは、名刺交換の方法、営業であればセールストークやロールプレイ(商談演習)などの仕事の仕方。全ては実務です。

「目標を組織でどのように達成すれば良いのか?」は誰も教えてくれません。

「そのやり方で目標を達成できるんですか?」と尋ねても、「最近は厳しいですね。」との答えにならない答えしか返ってきません。

本書では誰も教えてくれなかったPDCAサイクルを正しく回す方法をお伝えします。

 

PDCAサイクルとは、目標達成の為の仕組みの事です。

P=plan:計画

D=do:実行

C=check:検証

A=action:改善

を繰り返し目標を達成する事です。

しかし、セミナー受講者の感想の中で多いのが、

「PDCAサイクルを回しているつもりでした。しかし、出来ていない事がハッキリしました。早速実践したいです。」

などの内容です。本章では目標達成の仕組みについては「PDCAサイクル」を使います。

当ブログが電子書籍となりました。
キンドルで販売開始!
二代目・後継社長のための経営力強化法

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書