営業課長の仕事と役割 2.はじめに

はじめに

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。
対象読者の営業課長は部下を数名抱え、営業現場であるお客様を訪問するプレイングマネジャーです。
販売する製品やサービスは違っても期待される役割は次の3つです。
1.自分が担当する課の売上目標達成。
2.課員の育成。
3.情報のハブです。
さらに営業課長個人としてのこれからのキャリアのための自己研鑽。
大企業であればマニュアルや研修制度がありますが、中規模企業では自分で習得するしかありません。
私は中規模企業社員数93名、営業部員36名の会社の営業課長を経験しました。私自身の実体験を踏まえてお伝えします。

 

営業2課リーダーの25年目のリベンジ

 

今振り返ると、私はダメダメな上司でした。
本書を25年前の私が読んでいたら、
悩み、苦しみを抱え込まず、体を壊さずにすんだと思いつつ書いています。
当ブログは私の実体験をベースに編み出した
「初めて部下が出来た営業課長」が「いつも目標を達成する営業課」を作るための最短の方法です。


ちょっとだけ自己紹介を。
私は福岡県久留米市に生まれました。
教会の牧師の長男として生まれ育ちました。
いつも周囲の大人に可愛がられていました。
対人コミュニケーションは、多くの大人と接する過程で身に着きました。
人が好きで人懐っこいキャラは当時のお陰です。

北海道の大学を卒業する時に、就職先を選ぶ基準は安直でした。
歩合給要素が多くて遊ぶお金が使えそうなのでコピー機の飛び込み営業の会社に就職しました。
1週間の新人研修を受けたら即実践の毎日でした。
連日の飛び込み営業。
5月に初受注出来ました。
営業の楽しさを実感しました。
週末はウィンドサーフィンやキャンプやスノーボードや夜遊びに没頭。
それでいて、新人記録を更新。
自分の好きなやり方で好きな時間だけ働いて報奨金を貰っていました。

仕事を舐めていました。

年末に当時の上司に「辞める」と言われました。
その頃、流行始めた外資系生命保険会社が北海道進出するに当たりスカウトされたからです。
上司には「オレが辞めた後の営業2課を頼む。」と言われました。
上司のお客さんを引き継げるのであれば、
自分の売上が簡単にあがる事だと安請け合いしました。
(全ては、これが間違いの元でした。)
翌年4月から営業2課リーダー内海の新体制となるのですが...

部下は1人を除いてみんな年上の先輩ばかり。
元の上司から引き継いだお客さんは、
上司のファン客なので若造の私には手がかかるお客さんばかりでした。
それでも、何とか引継ぎを済ませると、
自分の売り上げは前年を大きくクリアすることが出来ました。
しかし、年上の部下は低空飛行のまま。
「新入りの私がこれだけやってるんだから、先輩たちもよろしくお願いします。営業2課の足りない売上は私が何とか頑張りますので。」と下手に出ても動かない。
かと言って、怒鳴り散らしても反応すらない。
一体これから先、どうしたものか...と途方に暮れました。
毎日、毎月の売上目標に追われるのは当然です。
「自分だけは頑張ろう。」
と、
飛び込みからの新規開拓や元上司から引き継いだ既存顧客の深掘りをしました。
売れる物は、何でも売りました。電卓やカメラ、傘立てに灰皿まで売りました。
それでも、営業2課の売上目標は達成出来ないままでした。
左後ろの社長席から、「内海くん、内海く~ん。」
と社長に声をかけられるたびに、ビクビクするようになりました。
次第に、左耳から「キ~ン」と耳鳴りがするようになりました。
時々、飛行機に乗った時の空気が抜けないような状態になりました。
左耳からの音が籠ったり、聞こえにくくなりました。
折り悪く、ワープロを押し売りしたお客さんが突然引っ越して、
売掛金が回収できない状態になりました。悪い時には、悪い事が重なるものです。

~遂に左耳が聞こえなくなってしまいました。
最初の診断は突発性難聴でした。
点滴を打って、薬を貰って様子を見る事しかできません。
飛行機の中でやるようなエア抜きをやると聞こえる事もありました。
聴こえる日と聞こえない日が交互にやってきて、最後は聞こえない日ばかりになりました。
現在も左耳は聞こえないままです。
「社長が悪い。言う事を聞かない部下が悪い。会社が悪い。」
と全てを他責にして逃げるように退職しました。


入社して1年5か月で退職しました。
今、振り返ると「無知は怖い」しかありません。
当時の私が知識として知っていれば良かった事を当ブログにまとめました。
リベンジ=「復讐」ですが、私の25年間の「復習」です。

部下が動かないで困っている方のお役に立てれば幸いです。

 

 

当ブログで使用している漫画素材は「ブラックジャックによろしく」より借用しています。
https://note.mu/shuho_sato/n/na1c3e7c1aa60
ブラックジャックによろしく
著作者名:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web http://mangaonweb.com

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************

 

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書