営業課長の仕事と役割  6.営業課長の仕事と役割

3・営業課長の仕事と役割

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。
対象読者の営業課長は部下を数名抱え、営業現場であるお客様を訪問するプレイングマネジャーです。

 

前述の職務記述書と理想の上司を踏まえて改めて営業課長の仕事と役割を整理します。

1.自分が担当する課の売上目標達成

2.部下育成

3.情報ハブ

の3つです。

当ブログでは、第二章、第三章で課としての売上目標を達成する仕組みの作り方を解説します。

まずは、論理的な仕組みについての解説となります。

営業課長へ出世した理由は個人の売上成績が良かった方が多い事が想定されます。しかし、個人で売上を上げる事と組織で売上を上げる事は全く違います。初めにで私の失敗談を書きました。あなたには私のような失敗をして欲しくありません。「分かっているよ」って事もあるかもしれませんが売上を上げる仕組みについて今一度整理してください。

第四章では部下育成の方法を解説します。ここでは人を動かす心理について解説します。営業ではお客さんの心理を動かして物やサービスを買ってもらいました。部下を動かすにも心理の仕組みを知る事が大切です。営業の仕事をしていると「人を観察する」目は養われているはずです。その目を部下に向けて効果的に部下を動かすコツをお伝えします。

しかし、現場ではどちらもあざなえる縄のようにこんがらがって現れます。論理と心理を行きつ戻りつしながらも「これやってみよう。」「なるほど、こうやってみたらよいんだ。」と気づきと行動へと繋げられるように書き進めています。

 

当ブログで使用している漫画素材は「ブラックジャックによろしく」より借用しています。
https://note.mu/shuho_sato/n/na1c3e7c1aa60
ブラックジャックによろしく
著作者名:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web http://mangaonweb.com

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書