社長の心得 21 伝え方

ポイントを押さえて勉強したい…との声を受けて
中小企業経営者のための経営力強化書」をダイジェスト版としてまとめました。
http://bit.ly/2zdHyuy
【小冊子版】中小企業経営者のための経営力強化書は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。

 

伝え方

人を動かすのは難しいと多くの社長の相談を受ける。

確かに難しい事である。

しかし、難しいと言っている人で、実際にうまく伝わる方法を研究している人は少ない。

同じことを伝えるにも、

社員全員が一同に会した時に行う方法と、

数名の幹部に伝える方法と、一人だけを個室に呼び出して伝える方法とTPOに応じた伝え方が必要である。

一同に会した時に個人攻撃を行っても意味を成さない。

一方、毎回、個別に呼び出しても効果が薄い。

社長に個室に呼ばれる事は誰にとっても「ドキドキ」あるいは「ビクビク」することである。

だからこそ、特別な時にしか個人面談は実施しない。相手をどのように動かしたいのか目的を明確に定めて効果的な方法で伝えて欲しい。

社員同士を競わせる時には全員の前で行い、評価する時には特別感を出すために個別に行う。

自社の社員の個性に応じて伝え方を工夫している。

例えば1対1のコミュニケーションの場合には、対面しない方法を採るようにしている。

部下は自分の前に来ると萎縮する。

出来るだけ優しく穏やかに話しかけても、

部下の口から出てくるのは言い訳ばかり。

「怒るまい」と決めていても、

最後は激怒してしまう。

対面=攻守となってしまう。

攻めるか守るかは動物である人間の本能。

社長が優しく問いかけても、部下にとっては攻撃と感じる場合がある。

出てくる答えはせいぜい一般論。

もう少し突っ込んだ話をすると言い訳のオンパレード。

建設的な会話にするには、問題を客観的に見る事だ。

一例として問題をホワイトボードに書き出す。

上司と部下が横に並びホワイトボードに対面する。

たったこれだけで、

「一緒にやっつけるべきはあいつ(ホワイトボード)」となる。

 

* * * * *

 

ポイントを押さえて勉強したい…との声を受けて
中小企業経営者のための経営力強化書」をダイジェスト版としてまとめました。

http://bit.ly/2zdHyuy
【小冊子版】中小企業経営者のための経営力強化書は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。

—————————————————————————————————————-

1600人以上が実践しています!
当ブログで大好評「営業部長の仕事と役割」全66編が小冊子になりました。
http://hcj.bz/営業部長の仕事と役割小冊子/

【小冊子版】営業部長の仕事と役割は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。

あなたの武器にしてください。

—————————————————————————————————————-

当ブログで使用している漫画素材は「ブラックジャックによろしく」より借用しています。
https://note.mu/shuho_sato/n/na1c3e7c1aa60
ブラックジャックによろしく
著作者名:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web http://mangaonweb.com

当ブログは、
組織営業力強化を目的とした中小企業経営者及び営業部長を対象に執筆しています。
ヒューマン・コンフィデンスジャパン株式会社
http://hcj.bz

コメントを残す

*