会議議事進行方法 4 目的と招集者と進め方が間違っている。

1目的と招集者と進め方が間違っている。

当ブログでは、誰も教えてくれなかった正しい会議の進行方法について解説します。会議の正しい進め方(手順)と有効なツール(議事録一体議案シート)の使い方。及びそのコツと事例を紹介します。対象は中小企業。組織化を考えている社長、経営者、経営幹部。

 

会議=集める。出来れば全員。なぜですか?

議長=社長。がなぜか開会の挨拶。上からお説教。

議長=社長が締めの言葉。精神論か訓示を垂れる。

会議なのに式次第?

話し合う気は初めから無いでしょう?

だったら集める意味がありません。

 

よく見かける会議の光景です。

集まる事が目的となっていませんか?

誰かを吊し上げる事が目的となっていませんか?

社長の意見を押し通す事が目的となっていませんか?

会議は人と人とが会って議論する場です。会議を行っている時間は参加している人は個人の仕事が出来ません。人数を増やすと会社の生産性が格段に落ちます。それでも会議を行うのはそこに価値があるからです。

会議の目的は大きく3つに分けられます。

1つ目が決定する事。

2つ目が情報を共有する事。

3つ目がアイデア出しです。

上記3つの目的に応じて会議の形式と招集者と進め方が違います。

この根幹部分が明確でないため機能しない会議になっています。