会議議事進行方法 10 機能する会議(導入準備編)

 

1.機能する会議(導入準備編)

当ブログでは、誰も教えてくれなかった正しい会議の進行方法について解説します。会議の正しい進め方(手順)と有効なツール(議事録一体議案シート)の使い方。及びそのコツと事例を紹介します。対象は中小企業。組織化を考えている社長、経営者、経営幹部。

 

「取りあえずはじめる」事の効用と弊害について考えましょう。これまでも「取りあえずはじめる」事で実行力を高めた組織も多いでしょう。私も基本的にはどんどん実行して失敗し検証し改善を加える事が大事だと常日頃から申し上げています。しかし、あるべき姿を正しく思い描かなければ「取りあえず続ける」事が目的となってしまいます。多くの組織で会議が機能していないのは取りあえず続けているからです。機能する会議とは?会議の本来のあるべき姿とは?を正しく描く事で現状との差異を確認できます。改善策を考える事が可能となります。

あなたの会社にとっての機能する会議とはどのような会議なのでしょうか?

会議で決定した瞬間から参加者がやるべき事が明確である

☑決定事項をいつまでに完了させるかが明確である

☑決定実行を完了させる事で業務の生産性が(大幅に)改善される

一度立ち止まり要件を整理しましょう。あるべき会議像について整理しましょう。

とは言え、何日もかける必要はありません。

今やっている会議体の目的と成果について一覧表にして整理するだけです。時間にして2時間程度で完了させられるでしょう。