会議 議事 進行方法 議案書 議事録 目次

当ブログでは、誰も教えてくれなかった「正しい会議の進め方」について解説します。社員数10人迄の会社は社長のトップダウンで意思決定してください。決定、実行、検証、改善について社長が全てを把握し加速出来るからです。社員数30人を超えると社員からの衆智を集められる会社のみが成長出来る(生き残る)会社となります。現場の知恵を経営に活かすためにも正しく会議を進めたいものです。

目次

はじめに
1. なぜ、会議は機能しないのか?
1-1.会議あるある!
1.運営方法を知らずに取りあえず招集
2.会議の目的を明確にせず取りあえず集まる
3.記録が無いので決定事項が実行されない
1-2.学習サイクルを知る
1.学習サイクル
2.手順・道具・コツを知る
3.実践、検証、改善を繰り返し定着化する。
1-3.組織の原則
1.縦方向
2.横方向
3.会議が担うハブ機能
1-4.1対多のコミュニケーションの原則
1.1対1のコミュニケーション
2.1対多のコミュニケーション
1-5.即時確認の原則
2.会議の3つの目的
2-1.目的1.意思決定
2-2.目的2.情報共有
2-3.目的3.衆智を集める
2-4.裏目的.実行力を強化する
3.正しい会議の進め方
3-1.事前準備
3-2.参加者のタイプを想定して準備する
ソーシャルスタイル分類
ハロ効果に引きずられない
決定をひっくり返させない根回し術
3-3.定時開始、定時終了
3-4.決定→宣言→行動
4.正しい会議に欠かせないツール
4-1.議案シート(議事録一体型)
4-2.付箋紙
4-3.模造紙
5.会議を通じた人材育成
5-1.GROWモデル
5-2.議案・議事録作成は論理的思考のトレーニング
5-3.進捗確認で一歩抜きん出る