中小企業 組織作り 組織化 方法 3.関係性か機能か?

第1章2節.関係性か機能か?

当ブログは、社員数30名~50名~100名規模の中規模企業向けの内容です。
社員数30名未満の会社は社長次第で会社の業績は変化します。
30名を越える規模になると社員の潜在力を顕在化させる事が出来るかどうかが成長のカギとなります。
社員一人一人の潜在力を顕在化させる中小企業のための組織の作り方と動かし方について解説します。

「○○ちゃん」のあだ名で呼ぶ。
週末は社長宅でバーべキューパーティー。
社長は親父気取りで、「うちの会社は家族です。」と公言する。
良くある中小企業ですが、こうした会社をこのまま継続していては未来はありません。
「会社は家族」に私は反対の立場です。永続する企業は、関係性を脱却し、機能的な組織となっています。

先日、日本ファミリービジネスアドバイザー協会の西川理事長のお話を伺う機会がありました。
同協会が提唱されているスリーサークル(3円)の考え方が家業から企業へ脱皮する中小企業にあてはまるので紹介します。
創業メンバーはファミリーでありオーナー。
意思決定が早く行動へのためらいがない。
しかし、その後加わるメンバーはビジネス=仕事として関わる。
ファミリーメンバーとの温度差が発生する。
ファミリー、オーナーは家族であってもビジネスの関係は機能であるべきです。

創業メンバーと新規メンバーとの関係に置き換えると

創業メンバーはファミリー。

新規メンバーはビジネス。

ビジネスの機能の領域に関係を持ち込むとうまくいくわけがありません。
何度も言いますが、ビジネスは「機能」です。

束縛を嫌い、自由を求めて起業したはずなのに、組織化をしなくてはいけない。
自由闊達な環境を作りたいのに指示待ち社員だらけだ。
仕方ありません。
あなた以外は、組織に「枠組みと安心」を求めているかもしれません。

ニックネームで呼び合うのに違和感を感じたらそんな時期かもしれません。

 

ここだけの話

結婚=跡継ぎ。私にも婿話が二度ほどありました。学生時代のバイト先の社長が後継者として私の事を認めてくれていました。私自身そのバイトはとても楽しく仕事を教えてもらった環境だったので満足していました。結婚は別として当時の私はスーツを着る仕事をしてみたかったので会社に就職しました。(就職先としてコピー機の飛び込み営業を選んだのですが。)もし、あの時に婿入りしていたらどうなっていたんでしょうね?

 

**********************************************************************

当ブログで好評の「組織の作り方 組織の動かし方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。

https://bit.ly/2nFARgb