中小企業 営業研修 実践 営業台本作成 場作り 13

3-2場作り

ご自身は感覚、もしくは自助努力で営業が出来るようになったので部下に論理的、体系的に教えるのが苦手な中小企業経営者を対象にしています。営業のイロハを手取り足取り順を追って詳細に解説します。「これでダメなら諦めなさい」のレベルです。当ブログを順を追って実践する事で自分なりのセールストークの台本が完成します。

 

1章で「つかみ」について解説しました。本節ではつかんだ後にどうやって「聴くよ。話すよ。」の商談の場を作っていくかについて解説します。
「つかみが9割」といえども、うまく掴めたらそれで全てがうまく行くわけではないのです。

あなたにも、こう言った経験はありませんか?

・お店に入って商品を見ようとしたらすぐにそばに寄って来られて立て板に水のように商品説明をされてしまった。

・買う気満々だったのに「あれはダメ、これはダメ」と一方的に自分が買いたい商品を否定されお店の一押し商品を押し売りされそうになった。

など、営業以前の問題ですね。コミュニケーションの原則は「聴くよ、話すよ。」です。
お互いにとって良い場を作る場作りが商談の最初の一歩になります。