中小企業 営業研修 実践 営業台本 頷き相槌 19

3-3-2頷き相槌

ご自身は感覚、もしくは自助努力で営業が出来るようになったので部下に論理的、体系的に教えるのが苦手な中小企業経営者を対象にしています。営業のイロハを手取り足取り順を追って詳細に解説します。「これでダメなら諦めなさい」のレベルです。当ブログを順を追って実践する事で自分なりのセールストークの台本が完成します。

 

今までのご自身の経験を振り返ってみてください。

この人、話しやすいな~と思える人はどのような行動をしていましたか?

当社の過去の研修の調査では

話しやすい人の特徴として

・自分に関心を持ってくれている

・目を合わせて興味を持ってくれる。

・頷いてくれる。

・「え~、そうなんだ。」「大変だったね~。」「うんうん、分かる。」などの絶妙な相槌を打ってくれる。

があげられました。

一方、話しにくい人の特徴として

・目を合わせない。自分の仕事をしながら。

・適当な頷き、相槌

・すぐに上から否定する

・いつの間にか自分の話をし始める

があがりました。

話を上手にコントロールするのは難しいのですが、

頷き・あいづちを上手く取り入れて相手の話しやすい環境を作ることは今すぐに出来る事です。
早速試してみてはいかがでしょうか?”

 

頷き・相槌・復唱

コミュニケーションが苦手な人は

「何を話せばよいか分からない」事を悩んでいます。

しかし、実際に大事なのは話す事より聴く事です。
相手が気持ちよく話せる状態を作る事がコミュニケーションでもっとも重要な事です。

ところで、頷きと相槌の違いは何か分かりますか?

答えは、「音」が出ているかいないかの違いです。どちらも、相手の話を聴いている事を相手に伝えるための方法です。

また、復唱は相手の話を理解している事を表す方法です。

相手の声のトーンがあがったり、表情が生き生きしてきたら、あなたの聴き方が相手にとって居心地の良い事を表すサインです。

場が上手く作れた証拠です。

 

復唱

おうむ返しに相手の言った事を繰り返します。

ちゃんと話を聴いていますよ。理解していますよ。を相手に伝えるために復唱します。

相手はあなたの事を自分の悩みや困ったことを理解してくれる人だと認識してくれます。