中小企業 営業研修 実践 営業台本 パートナー 26

3-5-1パートナー

当ブログは、中小企業経営者を対象にしています。
社長の個の営業力でこれまでやってきた。
何とか組織で自社商品やサービスを売れるようにしたい。
しかし、部下に上手く教える事が出来ない。
自社社員向けの営業研修を実施したいが、どこが良いのだろうか?
とお悩みの方の比較のための判断材料として下さい。

 

当ブログで一貫して伝えたかったのが、営業の仕事はお客さんより上でも下でもなく横の関係だという事です。パートナーとしてお客様の悩みを聴き課題を明確にする。その上で解決策を共に考える。このようなスタンスだと断られても次の選択肢の提案が出来ます。

前述のクロージングで「検討します」ではなく、「いや、それは違うな。」と具体的な理由で断られます。

営業の仕事をしていて一番辛いのが断られる事です。

営業は断られてからが仕事だ。と体育会系の精神論で乗り越えられる人は良いですが今の時代には通用しません。

パートナーの立ち位置になる事で人格の否定はされません。解決策の提案内容や提案方法が違うだけです。クロージングで断られても違う方法を提案すれば良いのです。