目標達成営業部の作り方、動かし方 10

【人と組織に悩む中小企業の社長、営業部長必読】
目標達成営業部の作り方、動かし方
~事業再生コンサルタントが伝授する90日で人と組織が生まれ変わる組織営業力強化法~

ヒューマン・コンフィデンスジャパン株式会社 代表取締役 内海透

 

5・今やるべきことは?

社長はいつまでたっても目標達成出来ない今の会社を変えたい。
そのためにやるべきことは、理論と精神論のどちらでしょうか。
目標達成が出来ていない会社がやるべきことはどちらでしょうか?
私は理論を定着すべきだと考えています。

その理由は20:60:20の法則に照らし合わせると理解しやすいでしょう。
みなさんは、20:60:20の法則をご存知ですか?
組織は優秀な上位20%と標準の60%とダメな20%に分かれるという理論です。
上位20%の社員は、社長(上司)の言った事の背景を理解し、言っていないことまで推測、先回りした仕事が出来る。社長が手放したくないレベルの人間です。
このレベルの社員には「これから」実現したい事を共有し、一緒に考え実行する「仲間」として扱う事で彼らの仕事の成果は更にあがります。起業間もない小さな会社などでは、同じ志を持った仲間同士が研鑚しあう環境にあります。
中位60%レベルの社員は、
「言われたら、言われたことを最低限やる」レベルの社員です。
本書ではこの層の社員を対象にしています。
言われた事を理解する能力はあるし、仕事の潜在能力もあります。
ただ、追い込むまでの仕事量をやった事が無い人が多いです。
成果が出やすく人数も多いので会社全体への影響力が多いのでこの中位60%に働きかけています。
一方、なかなか成果が出にくいのは下位20%の社員です。
この下位20%レベルの社員には2通りいます。
能力はあるが会社に対する不満があるため実力を発揮していないタイプと本当に仕事が出来ないタイプです。会社に不満がある人間に対しては、社長が本音で向かい合う事で上位20%に変身を遂げるか退職するかに分かれます。残念ですが本当に仕事が出来ないタイプは辞めさせてもトカゲの尻尾切りで中位レベルから落ちこぼれてくるので撲滅は出来ません。
この層に対しては朝礼や掃除などの躾レベルで地道に教育していくほかありません。
5S活動と簡単に言っていますが実践している会社は少ないのが現実です。
こうした活動はすぐに成果に直結させることが目的ではなく、社員としての帰属意識を持たせるためには重要な事です。
あなたの会社=組織で目標達成するには中位レベルの60%に働きかける事で全体の生産性が高まります。

当連載は、
組織として営業力を強化したい中小企業経営者や経営幹部を対象に執筆しています。

 

—————————————————————————————————————-

1600人以上が実践しています!
当ブログで大好評「営業部長の仕事と役割」全66編が小冊子になりました。
http://hcj.bz/営業部長の仕事と役割小冊子/

【小冊子版】営業部長の仕事と役割は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。

あなたの武器にしてください。

—————————————————————————————————————-

当ブログで使用している漫画素材は「ブラックジャックによろしく」より借用しています。
https://note.mu/shuho_sato/n/na1c3e7c1aa60
ブラックジャックによろしく
著作者名:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web http://mangaonweb.com

当ブログは、
組織営業力強化を目的とした中小企業経営者及び営業部長を対象に執筆しています。
ヒューマン・コンフィデンスジャパン株式会社
http://hcj.bz

コメントを残す

*