目標達成営業部の作り方、動かし方 17

ヒント2.ステップに分解して改善する
事例1.売上向上の仕組みづくりを目標とする

下記図のように、見込み客と接点を持ち受注に至るまでの方法が確立出来ている状態。
さらに、それぞれの活動の具体的成果を把握できる状態です。

下記の図は当社のお客様のコンサルティング会社です。この会社では無料説明会への告知をファックス
DMで行い、その後個別相談から契約の流れを構築しています。それぞれの活動が定量化されている
ため、何をどれだけ変化させると最後の契約率が上がるのかを検証しながら対策を打っています。
売上向上を目標とするのであればこの図がゴールイメージになるでしょう。

 

—————————————————————————————————————-

1600人以上が実践しています!
当ブログで大好評「営業部長の仕事と役割」全66編が小冊子になりました。
http://hcj.bz/営業部長の仕事と役割小冊子/

【小冊子版】営業部長の仕事と役割は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。

あなたの武器にしてください。

—————————————————————————————————————-

当ブログで使用している漫画素材は「ブラックジャックによろしく」より借用しています。
https://note.mu/shuho_sato/n/na1c3e7c1aa60
ブラックジャックによろしく
著作者名:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web http://mangaonweb.com

当ブログは、
組織営業力強化を目的とした中小企業経営者及び営業部長を対象に執筆しています。
ヒューマン・コンフィデンスジャパン株式会社
http://hcj.bz

コメントを残す

*